社長ブログ

あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方々に助けていただいた一年でした。今年もよろしくお願いいたします。(笑)

さて毎年恒例(かもしれない)「元日新聞読み比べ」です。ただ、朝日新聞と毎日新聞が売ってなかった(売り切れ?)ので、今年は産経、東京、読売、日経の4誌となります。ご了承ください。では、早速行ってみましょう。

日経新聞
デジタルが進んで経済の上で国境がなくなっている。というのがトップ記事です。人口130万人のエストニアでは、インターネットで名前や住所、パスポートの写しを申請すれば、約1万3700円でICチップ入りのカードが届き、それが国民の証となり、銀行口座が開設でき法人の設立も簡単に出来るそうです。エストニアはEC加盟国ですから、法人にとってはとっても魅力的な制度です。エストニアはこの制度で外資の獲得を狙っているそうです。

スイスでは、ビットコインで納税が可能になったようです。一方日本の銀行も24時間365日銀行振込み即時決済が10月から可能になるそうです。
いつも思いますが、日本は規制がきつくてITと金融は世界から2周くらい遅れている気がします。特集記事ですね。

読売新聞
中国とロシアの民間企業が北朝鮮に石油の密輸出をしている「証拠」を手に入れたのがトップ記事。年末に船で石油の積み替えをして、北朝鮮へ密輸出している映像がアメリカから発信され、テレビで見た方も多いと思いますが、読売の記事はそれ以外に代金の決済方法までスクープしています。それにしても石油やガソリンの国家的輸入代金を、現金で列車で運んでいるなんてびっくりです。
これはスクープ記事です。

それ以外にも児童ポルノを所持していた人が摘発されたようですが、「るろうに剣心」の作者はかわいそう。有名人って大変ですね。

あと、児童ポルノって「持っているだけ」「ダウンロードしただけ」で罪になるように法律が改正されたこと知ってましたか?世界では常識だそうです。確かに何もわからない小さな子供を撮影しているんですから、ある意味大人相手より罪深い。ほしい人がいなけりゃ撮影する人もいなくなりますものね。もっと摘発してください。

産経新聞
中国が2030年までに4隻の空母を持つ計画がトップ記事。もちろん原子力空母も作るでしょう。原子力空母はある意味無限の燃料を持っているのと同じですから、世界中何処へでもいけます。2050年にはアメリカと同じ影響力を持つと宣言している中国ですから、この勢いはとまることはないでしょう。
特集記事ですね。

2面からはアメリカと北朝鮮の戦争がいつ起こるかを専門家の目から探る記事。
でも一番刺さったのは7面にある「BPO」(放送倫理・番組向上機構)への批判記事。
BPOは不正な番組をチェックする組織だと世間は思っていますが、その実リベラルに偏ったメンバーで構成され、さらに過去の警告はあまりにおかしいと糾弾しています。

まったくそう思います。昨日の紅白でNHKは「忖度」はしないとわざわざ放送していたのに強い違和感を覚えましたが、権力をけん制するのがマスコミの役目だとは言え、ここまでやったら情報操作だと思うことが最近多いです。

もうひとつ、沖縄市の高速道路で車6台の多重事故が発生し、負傷した日本人を助けようとした米海兵隊員ヘクター・トルヒーヨさんが後続車にはねられ意識不明の重体となり、高度な治療を受ける為アメリカに搬送されたこと。

アメリカではCBSテレビなどで放送され、大きな反響を呼んでいるようですが、日本では私が知る限りまったく取り上げられていない。これも情報操作でしょう。こんなことしていると、いずれアメリカと日本の国民感情がおかしな方向に行ってしまうかも知れません。マスコミは是非情報操作でなく、公平な報道をしてもらいたいものです。

東京新聞
福島汚染「手抜き」汚染度をつめた袋は2重になっているようですが、その中袋がしっかり閉めていなかった手抜き工事がたくさんあったという記事です。
相変わらず東京新聞はスクープ記事を元旦に持ってきますね。
前にも書きましたが、東京新聞は中日新聞の実質子会社で、東京では読者も少なく、記者たちは大手新聞にはない独自色を出す為に、がんばっているのが感じられます。リベラル系ですが、こうして権力に対して事実を持って糾弾するのが本来のマスコミの進む道ではないでしょうか?

拍手喝采なのですが、そのほかの記事がほとんどない。広告ばっかり。んー中小の悲しさか、がんばれ東京新聞。

ということで、今年のトップ記事の優勝は読売新聞。敢闘賞は産経新聞(朝日と毎日は参加してませんが)

来年も皆さんがんばってください。


Posted by 金丸 : Comment(1) | 2018.1.1.

2017年もとうとう今日で仕事終わりです。
間違いなく社会に出てから一番たくさんの皆さんに助けられた一年でした。
本当にありがとうございます。

昨年の11月に喉の腫瘍を取る手術をしてから、多いときには年間180回もやっていた講演も、今年は社員のみんなが気を使ってくれて(もしかしたら私ではないほうがいいのかも知れませんが)、随分と減らしてくれました。

それなのに頚椎椎間板ヘルニアの悪化で、ひどい頭痛が治らず、せっかく作ってもらった時間も有効に使えず反省ばかりです。

だた、ドリームDAYで話したとおり、人生100年時代ですから、この先のことを考えたら、今はへこたれていますが、なんとしてももっと元気になるよう、がんばって行きたいと思っています。(まじめに「がんばらないでください」という部下がたくさんいるのは事実ですが、笑)

来年はたくさん病院行くぞ!ということで恒例の私の履歴書。

今年は講演を24回、新幹線には22回、飛行機には16回、特急には4回乗りました。
行ったところといえば、青森1回、茨城1回、群馬3回、埼玉(勤めています)、東京(住んでます)、神奈川7回、長野1回、静岡2回、愛知1回、富山1回、石川1回、大阪3回、兵庫1回、熊本2回、鹿児島1回、沖縄3回、海外にも2回行きました。

飲み会は約100回(半減)、ウーロン杯は約1000杯(自宅除く)前年度と変わりありません。もう年齢を考えると、減らさなきゃなりませんね。ということで先日「飲みたくなくなる」サプリを買いました。(効くかな?)

インターネットの世界にも、Googleの評価の方針に変化があり、モバイルファーストだったり、SSLだったりと、来年は不動産会社の皆様もやらなくてはいけないことが山積みです。

うちの会社には工場部門があるのですが、製造業の世界ではもっと激しい変化が具体的に始まった今年でした。電気自動車、AI、ロボットなどです。従来の作り方や商品が完全にいらなくなることになり、どうやって生き残っていくか日本中で必死に模索しています。

でも、講演でも言いましたが、今100歳のおじいさんやおばあさんにしてみれば、そんなの当たり前でしょう。と一蹴されてしまうと思います。

20年後の自分に「あの時もっとがんばってれば良かったのに」と言われないよう、今をちゃんと生きていこうと、いつも思うようにしています。

今年はちょっとだめでしたけど、来年の最後にちゃんとできたといえるよう、明日から少しだけ英気を養って、また来年5日から仕事をします。

本年は本当にありがとうございました。
また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。


Posted by 金丸 : Comment(0) | 2017.12.28.

公式ブログ更新しました。

気になる!コンテンツの質と文字数の関係

気になる!コンテンツの質と文字数の関係


Posted by 金丸 : Comment(0) | 2017.6.8.

とにかく早くということで、すべてではありませんが、@dream の物件ページがレスポンシブ対応いたしました。

ついに!@dreamがレスポンシブ対応します!!

これで、静的ページ、動的ページ、レスポンシブページ、スマホページと現在HP関連で表現できるすべてが整いました。
ただ、時代はまだ混沌としていて、どれが一番ビジネスに向くかは正直わかりません。

そのために現在全国の仲間たちが、それぞれの思いを持って、様々なチャレンジをしてくれます。
たぶん来年には方向がわかるでしょう。

(たぶん一生懸命やればそれぞれ効果が出る。)って結果だと思いますが。
とにかく使ってください。


Posted by 金丸 : Comment(0) | 2017.6.1.

今年も会社説明会の季節になりました。
毎年最初から参加するのですが、昨年喉の手術をしたので、管理部が遠慮してあまり日程を入れません。(ありがとう)

で、第三者的に報告をいろいろ聞いているんですが、なぜか派遣会社を選ぶ学生がとても多いらしい。(特に理系の学生)

弊社にも派遣会社から採用しているとっても優秀な社員がいますので、一概に派遣会社批判をするつもりはありませんが、
学生を勧誘するときに使う話がひどい。

「うちの会社に入れば、いろんな会社でいろんな技術を獲得できて、立派なエンジニアになれますよ」
これに学生はころっとだまされる。まったくねぇ。。。。。

こんな話があります。
あるとっても頭のいい男性と、とってもきれいな女性がいました。
女性はその男性と結婚したくてこういいます。
「あなたの頭脳と私の容姿を持って生まれてくる私たちの子供はとっても幸せよ」

頭のいい男性は答えます。
「もし僕の容姿で、君の頭脳を持って生まれてきたらどうするんだ」

企業はさまざまあり、そして時代や市場も諸行無常です。(いつまでも同じではない)
派遣会社に入ったら、いろんな技術を獲得できるかもしれませんが、
どうしようもない会社ばかり派遣されるかもしれないのです。(この可能性のほうが高い)

そもそも若くて仕事が出来ない社員に一生懸命教えるのは、その子が会社や仕事に「かけ」ているからです。
それに会社もこたえようと努力するのです。
自分の人生を得か損かで仕事を選ぶ人間には会社も「かけ」ません。
学生の諸君はそこのところをよく考えて、「かけ」られる会社に就職してください。

それにしても、どうして社会を全然知らない学生をだますようなことを言うんだろう。
大人たちにも問題ありますね。


Posted by 金丸 : Comment(0) | 2017.3.19.