社長ブログ

明けましておめでとうございます

その他

明けましておめでとうございます。

今年は馬鹿に暖かいお正月ですね。といっても、風邪をひいてずっと家にいますけど(泣)
さて、毎年恒例の新聞読み比べです。早速行ってみましょう!

日本経済新聞
165億円でソフトバンクの副社長になったニケシュ・アローラに代表されるインドの若手経営者を
特集しています。インド独特の理系教育で身に着けた論理的思考力と、州ごとに20も公用語のある
国で育った多様性への免疫力が彼らの武器だと洞察している記事です。アローラが抜けたGoogle
の現在のCEOも、マイクロソフトのCEOも今やインド出身だそうです。特集記事です。

東京新聞
防衛装備庁 中古武器輸出を検討
昨年の1月1日の記事の続き見たいな記事です。
昨年はODAを使って武器輸出が出来るようになったことのスクープでしたが、今年は中古の武器も
輸出できるよう防衛装備庁が画策しているそうです。財政法によって無償や低価格での提供を禁止
しているのを例外扱いする法律を作って、来年以降の国会に提出する予定だそうです。これはスクープ記事。

朝日新聞
18歳をあるく
今年の参院選で18歳の若者たちが選挙に参加するのを意識したんでしょう。今の若者が何を考えて
いるのか、それがどんな影響を及ぼしているのかを、若者たちにインタビューしています。
買い物がテレビゲームからパーティーやイベントへ移り変わっているというのは意外でした。
それにしても、登場する若者が、早稲田、早稲田、亜細亜、慶応、明治学院って偏ってない?
特集記事です。

産経新聞
マイナンバー運営システムに欠陥
東京都葛飾区で5000人分のマイナンバー通知カードが発行されなかったのは、システム障害が原因
だったそうです。マイナンバーカードは「地方公共団体情報システム機構」というところが、管理、運営
しているそうですが、そこでデータ移行にミスがあったそうです。個人情報にかかわるからという理由で、
機構は原因の情報開示を拒否しているそうです。大丈夫かなこの団体。スクープ記事です。

毎日新聞
改憲へ緊急事態条項
自民党は発足時から憲法改正を党の目標にしてきましたが、さすがに9条の改正は敷居が高い。
そもそも昨年の集団的自衛権の限定的行使が容認される安全保障関連法案の国会通過で、
最低限の国防は出来るようになったのだから、まずは憲法改正が可能になるように、
敷居の低いところから攻めようということ。

安倍政権は緊急事態のときに、国会議員の任期を延ばせるよう、憲法を改正しようとしている!
スクープ記事的ですが、この話私も知ってましたから、スクープといえるかな?

読売新聞
数研出版 教科書謝礼
数研出版が中学校教科書に参入するために、
全国の校長たちにお歳暮やお中元を配っていただけでなく、
実際に相談した校長たちに一人5000円の謝礼を渡していたという記事。
三省堂もやっていたのは知りませんでした。
文科省が1月20日までにすべての出版社にやっていないか、
報告するよう求めているようです。他も出てくる可能性がありますね。スクープ記事です。

さて、チャンピオンはどこかということですが、今年は少し残念ですね。
あまりグットくる記事がありませんでした。特に朝日と毎日は残念。会社の業績がこんなところにも。。。
って感じです。

で、チャンピオンは産経新聞さん!
賞品も何もありませんけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Facebookアカウントをお持ちの方は、こちらからコメントをどうぞ

Posted by 金丸 : Comment(0) | 2016.1.4.